情報量が多くなった大久保のソープ

大久保のソープは、ほとんどが公式ホームページを運営しています。女の子の情報を下調べできるので、ニッチな性癖を持っている男性でも安心です。

中には公式ホームページが無いソープもあるようで繁盛している噂を聞きますが、情報量が少なすぎることを理由に敬遠していました。
先日は大久保の某ソープが公式ホームページを解説したとの情報を入手したので、早速アクセスしてみました。実は以前から気になっていたお店でしたが、下調べできないので利用することを避けていたのです。

ぽっちゃり肉厚の熟女が多いという噂は、どうやら本当だったようです。在籍女性の写真を見ているうちに性器の血流が良くなったので、財布をズボンのポケットに入れて家を飛び出しました。
ソープに到着すると、物腰が柔らかい中年男性がパネルを見せてくれました。ホームページと同じ写真ばかりです。特に悩むことはなく、下調べの最中に興味を持っていたソープ嬢を指名しました。

私が指名したのは、二倍以上も年上のぽっちゃり熟女です。若い女性のような肌のハリはありませんが、どこを触っても心地よい弾力が感じられます。
特にオッパイがマシュマロ以上の柔らかさだったので、ついつい前戯に熱が入ってしまいました。いよいよ本番の時間になりましたが、一向にゴムが用意されません。

持ってくるのを忘れたのだろうかと思っていると、何も装着していない男性器めがけて熟女の肉穴が迫ってきたのです。戸惑いながらも受け入れる決意を固めた結果、普通のソープでは味わえない快楽が体中を駆け巡りました。

ソープ嬢の本音

最近、サービスと聞くと世に出回ってるサービスでも私がしているサービスは究極だと感じます。

私はソープ嬢ですが、このソープ嬢ははっきり言って他のどのサービスより勝っています。当然、金額的には他のサービスを上回りますが、それは当然の対価です。

人の性欲、性癖は計り知れないものです。お客様のお相手をしている時は、相手の喜ぶ願望を叶える。内に秘めた欲求開放の為に体を張るわけですから、これ以上解消する術なんてありません。

私は、何千人と相手をしてきましたがその中で人の性欲は計り知れず、また多種多様何だと実感しました。同様に私自身の性欲、性癖もまた特殊なのだと思いました。

仕事として割り切っている時、プライベートの時、その行為自体は何も変わりはありません。変わるものは気持ちだけです。正直、気持ちも体が感じる物に負ける時もあります。
気持ちが入っていなかったとしても仕事としては成立しているため特に気にはしていません。この究極のサービスも時が経てば出来なくなり、若い時にしか出来ない仕事となりますが、今を謳歌するためには辞められません。

女としての魅力を最大限引き出し、自分を磨き、男を虜にするような仕事なんてこの仕事以外ありえません。なぜならそこに欲求が開放されるからです。
その上での金銭対価を頂きさらに自分を磨きながら今を綺麗に生きていくために毎日向上しています。当然収入は同級生より遥かに多く、余裕のある生活を送っております。体一つで究極を提供できるなんてとても魅力的な仕事だと思っています。